全国アマモサミットin阪南で志摩市の取り組みを紹介

平成30年11月3日・4日の二日間、大阪府阪南市で「全国アマモサミット2018in阪南」が開催され、志摩市の取り組みを発表しました。

181103amamo1.jpg181103amamo2.jpg181103amamo3.jpg

今回のアマモサミットは、大阪湾で唯一自然海岸が豊富に残されている阪南市が、豊かな森と川、海をつなぐまちづくりを未来につなげていくことを目的として開催されたもので、市内の小学生や高校生が参加し、授業で学んだアマモの大切さを発表したり、「海を守り隊」という劇を上演するなど、地域が一体となって素晴らしい海辺の環境を未来に伝えて行こうという意気込みを強く感じました。志摩市でも大いに参考にしたいと感じました。

181103amamo4.jpg

漁師さんのトークセッションでは、「大阪湾では魚が少なくなっている。それでも一年を通してさまざまな漁業が行われて美味しい魚がたくさん水揚げされる。ぜひこの魚を食べてほしい」と訴え、阪南市の海の素晴らしさを強調されていました。

181103amamo5.jpg

志摩市は、これまでにアマモサミットを開催してきた地域からの報告という形で参加し、的矢湾の漁業者の皆さんが続けてきたアマモの再生に市民が参加するようになり、昨年蒔いた種が順調に育っていることなどを報告しました。地域からの発表の後、会場の全員で大会宣言の内容について意見交換を行い、一日目が終了しました。

181103amamo6.jpg

二日目には、「海辺の再生・高校生サミット」が開催され、海の環境保全などに取り組む全国12の高校が参加して、それぞれの取組の発表と意見交換が行われました。アマモの再生に関するテーマが多い中で、ウナギが棲む環境の再生や魚を美味しく食べるための料理方法などについての発表もあり、海を楽しむことまで含めて幅広い発表になっていたことが大変すばらしかったと思います。

181103amamo7.jpg

閉会式では、大会実行委員長から「全国アマモサミット2018in阪南大会宣言」が読み上げられ、大きな拍手で採択されました。この大会宣言を契機として、阪南市の取り組みが進んでいくことが期待されます。

その後、次期開催地である宮城県塩竈市に大会旗が引き継がれ、大会は盛会のうちに終了しました。