英虞湾干潟の生き物調査報告会が開催されました。

 英虞湾では干潟再生をはじめとした様々な環境改善に向けた取組が行われており、その成果を把握するために環境調査の一環として干潟の底生動物(海底に住む動物)の調査を行っています。

 平成30年3月17日(土)、日本貝類学会評議員の木村昭一さんをお招きし、横山ビジターセンターで英虞湾干潟の生き物報告会が開催されました。

opening.JPG

 英虞湾には、全国や三重県で絶滅しそうな生き物が数多く生息しているとの報告があり、改めて英虞湾の生物多様性を認識させられました。

 また、市民の皆さんと実施する調査で活用するため、環境省の事業で作成していただいた英虞湾の干潟の生き物を掲載したベントス図鑑(下敷き)を使って、干潟の生き物の見分け方等を教えていただきました。

P3170031.JPGIMG_20180316_082353.jpg

 多くの皆さんが参加して、参加した水産高校生からはレベルの高い質問も多くでるなど、講師の木村さんも大変喜んでおられました。

 志摩市では、平成21年から英虞湾いきもの調査隊事業として、干潟の生き物調査を実施しています。今回の報告会を通じで皆さんの参加と調査へのご協力をよろしくお願いいたします。