英虞湾清掃活動が行われました

 平成29年9月24日(日)、英虞湾愛好会の主催で英虞湾の清掃活動が行われたので参加させていただきました。

 英虞湾愛好会のみなさんは、年2回の英虞湾大清掃を通じて、英虞湾の美化と海上マナーの向上を図ることを目的に活動されており、 英虞湾を利用する全ての人たちが、笑顔で共存できる日を目指しておられます。

H290924a.jpg

 この日の清掃活動には、英虞湾がいつまでも美しくて豊かであって欲しいと願っている市民約70名のみなさんが参加し、志摩町御座地区の宮の前海岸に車やプレジャーボート、ジェットスキーなどで集合しました。また、海上保安庁や陸上自衛隊、三重県警からも参加されていました。

 代表者の挨拶のあと、早速清掃活動を開始。海岸には先日の台風の影響もあって、落ち葉や小枝、プラスチック製品などのゴミのほか、養殖施設で使われている発泡スチロールの浮きなども漂着していました。参加したみなさんは、燃えるゴミと資源ごみを分別しながらごみを回収しました。この日は宮の前海岸のほか御座白浜海岸と間崎海岸の清掃活動を行って、午前11時過ぎに記念写真を撮影して解散となりました。

H290924b.jpgH290924c.jpg

 志摩市での海の利用は、これまで漁業活動を中心に、巡航船などの海上交通の場として利用されてきましたが、近年では観光船だけでなく、シーカヤックやジェットスキーなどの利用も増えてきています。英虞湾愛好会の上村さんは、「海岸の美化や海の利用のマナー向上に取り組んで行こう」と挨拶されました。こうした活動をきっかけに、みんなが円満に海を利用できるよう、これからの海の利用について考えていきましょう。

H290924a2.jpg