アサリ天然種苗採取試験を開始しました【農林水産部水産課】

 志摩市では、過去には太平洋側の砂浜や的矢湾・英虞湾の干潟に多くのアサリが分布していましたが、近年は海洋環境の変化等により、ほとんど生息が確認できなくなっています。

 そこで、漁業者の方々や漁協と連携して、海域でアサリの幼生の着底状況を調べ、現在のアサリの分布や数量を明らかにするための試験を開始しました。この試験は平成26年度から行っており、今年度は調査場所を増やして実施しています。

 試験終了後は調査結果をもとに、アサリの水質浄化能力を利用した水質改善や、既存漁業との複合化による収益力の強化につなげていきたいと考えています。

試験内容

・期 間 平成27年6月~平成28年3月

・場 所 市内砂浜や干潟等(的矢湾 2か所、英虞湾 6か所、太平洋 3か所)

・方 法

 大潮の干潮時に、海岸の波打ち際にコレクターを並べて置きました。(コレクター:砂利とカキ殻を砕いて固めた粒をポリエチレン製のネットに詰めたもの)このコレクターの中にアサリの浮遊幼生が入り込んで着底し、成長します。

 アサリ稚貝の着底および成育状況の調査は秋~冬頃を予定しています。

s-IMG_2666.jpg

s-IMG_2723.jpg

・問合せ先 志摩市 農林水産部 水産課

      電話:0599-44-0289  FAX:0599-44-5262

      メールアドレス:suisan@city.shima.lg.jp