エレコム株式会社様による森林づくりの取り組みについて

 エレコム株式会社様は、「地域の気候風土に適合した本来の自然林を未来に残し、その森林づくりの実践を通じて、地球温暖化防止などの環境保全活動に貢献する」という理念のもと、三重県が行っている「企業の森」制度を活用し、公益社団法人三重県緑化推進協会に設置されている「三重自然の森づくり基金」に寄付をされ、その寄付金を原資として、平成24年4月から、いせしま森林組合が主体となって、志摩市阿児町国府(志摩カントリークラブ跡地)で20年間の長期にわたる森林づくりの取り組みが始まっています。

 平成24年4月4日、取り組みを始めるにあたり、三重県、志摩市、三重県緑化推進協会、いせしま森林組合の四者で「三重自然の森づくり宣言書」の調印式が三重県庁で行われました。

elecom shasinn1.jpgのサムネイル画像

 森林づくりの内容は、海岸に面した草地に植樹を行い、防風・防潮機能を有する森林として育成するとともに、保健休養の場としても活用されるよう整備し、地域に貢献することを目的としており、同社新入社員による記念植樹を継続して行っていただいています。平成28年度も4月9日に約40名の新入社員による記念植樹が行われました。

elecomshasinn2.jpgelecomshasinn3.jpg

                                                                                                                                                                                            参考HP 三重県「企業の森」制度 

      エレコム株式会社