干潟や藻場を再生しよう!

里海推進室から、豊かな海を再生するための干潟や藻場の再生活動に関する情報をお伝えします。

海のゆりかご、アマモを育てています!
2019/02/12 里海推進室

平成30年12月2日(日)に、磯部地区漁業振興連絡協議会の主催で、的矢湾にアマモの種をまく作業が行われ、漁業関係者や市民ボランティア、志摩市の関係課職員など30名が参加しました。

(当日の様子はこちらhttp://www.satoumi-shima.jp/columns/c1/2018/12/post-25.html

その際、希望する皆さんには、プラスチックのボトルでアマモを育ててもらう、「アマモの里親」になっていただきました。あれから約2か月が経ち、里海推進室で育てているアマモも全てではないですが芽が出て育っています。その内の1本を市役所の1階総合案内カウンターに展示していますので、アマモが頑張って育っている姿をぜひ見てあげてください!

P2060002a.jpg

4月には、育った苗を的矢湾に戻す予定です。アマモが皆さんに見守られながらすくすくと育ってくれることを期待しています。海のゆりかごが広がる豊かな海をめざし、引き続きご協力よろしくお願いします!

アマモボトルについて.pdf