干潟や藻場を再生しよう!

里海推進室から、豊かな海を再生するための干潟や藻場の再生活動に関する情報をお伝えします。

的矢湾で採種したアマモの種子選別を行いました
2017/09/07 里海推進室

 平成29年7月31日に、鳥羽磯部漁協的矢カキ浄化場の一画をお借りして、6月に採集したアマモの種子の選別作業を行いました。この作業には、以前からイベントに参加いただいている一般の方や高校生、漁業者のみなさんのご協力をいただきましたので、その時の様子をご紹介します。

全体.jpgのサムネイル画像

 最初に、網に入れて海中に吊るしてあったアマモを水槽に移し、腐ったアマモの葉っぱを海水で洗い流します。すると水槽の底にアマモの種が残ります。

葉っぱ除去1.jpgのサムネイル画像葉っぱ除去2.jpgのサムネイル画像

 沈んだ種を何回も網でこして、小さい異物を取り除きます。

 最後に、採れた種を数える作業を行います。ご協力をいただいたみなさんのおかげで、399,000個のアマモの種を採ることができました。

種こし.jpgのサムネイル画像種数え.jpgのサムネイル画像

 今後は、昨年もみなさんにお願いさせていただいた「アマモの里親募集」やアマモを海に帰す事業を予定していますので、引き続きみなさんのご協力をお待ちしています。

 また、アマモを増やす作業に関心のある方は、ぜひ里海推進室までお問い合わせください。