志摩市あおさプロジェクト
志摩市あおさプロジェクト
HOME > 志摩市におけるあおさ養殖 > 志摩市におけるあおさ養殖の歴史

志摩市におけるあおさ養殖

市民とあおさの関係|志摩市におけるあおさ養殖の歴史|あおさ養殖の方法
つみ取りから出荷まであおさの流通映像で見るあおさ養殖

志摩市におけるあおさ養殖の歴史

志摩市におけるあおさの養殖は、昭和 20年代半ばに当時あおさ養殖の先進地であった伊勢湾の香良洲から指導者を招いて、的矢湾の最奥部である伊雑の浦に面した下之郷地区で始まったとされています。

昭和 30年代になると伊雑の浦を中心に養殖を行う業者が増え、養殖技術の向上が図られた昭和30年代後半には100トンを超える生産が行われるようになりました。また、英虞湾では真珠養殖が不況となった昭和42年頃から生産量が増えています。

伊雑ノ浦写真(昭和53年)
伊雑の浦での養殖風景(昭和53年)

昭和 30年頃に、志摩市の漁業者があおさ養殖に大きな期待を寄せていたことを示す出来事として、昭和31年の伊雑の浦淡水湖化計画への反対活動があげられます。

これは当時水源に乏しかった志摩郡のかんがい用水源として、伊雑の浦を閉め切って淡水湖化する計画が持ち上がったときに、伊雑の浦は的矢湾全体の魚介類の繁殖の場であると同時にあおさ養殖の最適地であるとして地域の漁業者が猛反対し、計画は中止になったという事件です。この時に地域の漁業者が提出した嘆願書が今も志摩市の磯部郷土資料館に残されています。

人工採苗の手引き

養殖が始まった当初は、あおさの生態が良くわかっておらず、自然まかせの「天然採苗」という手法で種網をつくり、養殖が行われていましたが、昭和 40年代後半に三重大学水産学部(現:生物資源学部)の喜田和四郎教授を中心に養殖業者や三重県漁連、三重県水産試験場(現:三重県水産研究所)が協力して人工的に安定してあおさの種網をつくる「人工採苗」に成功しました。この技術開発により生産が安定し、生産のピークとなった昭和54年には、志摩市全体で900トンを超えるあおさが生産されるようになりました。当時の主産地であった的矢湾の伊雑の浦では、海面を覆いつくすほど養殖網が張られた様子が写真として残されています。

 

しかしその後は、漁場環境の変化や年によって生産されるあおさの量や品質が不安定といった理由から経営が不安定となり、生産量は年々減少する傾向にあり、平成25年の生産量は266トンとなっています。

志摩市におけるあおさ生産量

参考文献: 磯部町 史: 磯部町
        海苔の歴史:全国海苔問屋協同組合連合会

↑上へ戻る

Copyright (c)  あおさプロジェクト All Rights Reserved.